旅行中のスリや盗難から身を守る

盗難やスリに備えるために

高額の紙幣の入った財布を持ち歩く機会が多い旅行ですが、ポケットに財布を入れておくだけでは防犯対策として不十分です。買い物の際に出し入れをする機会が多いお財布等の貴重品は、会計の都度落としてしまい、紛失してしまうリスクが非常に高いからです。また、海外ではスリの被害も頻発しており、電車に乗った際や買い物を楽しんでいる時を中心に狙われるケースが非常に多いです。持ち歩く現金は最小限にとどめ、ホテルから出かける都度、必要な金額のみを部屋から持ち出す事でスリや盗難の被害を最小限にとどめることができます。クレジットカードを利用すればカードの盗難が発覚した際にすぐにカードをストップできるので便利です。

ホテルのフロントに貴重品を預けない

旅行中の貴重品の管理に自信が無いという方は、ホテルのフロントに貴重品を預ける場合も多いです。しかし、預けていたはずの荷物が紛失してしまったり、財布の中身が減っている等のトラブルは後をたちません。それだけでなく、クレジットカード等のスキミングと呼ばれる被害が頻発している事から、貴重品の管理は他人任せにするのではなく、部屋に備え付けの金庫にしっかりと保管しておく事が安全に旅を楽しむための手段です。相手が誰であっても自分のお財布の中身にいくら入っているかを絶対に見せない事が、無用なトラブルを避けるための大切な方法です。