ドバイは経済発展が著しいので観光地としても

人工物が多いですが観光の国

ドバイというのは、物凄く発展している国です。人工島を作ったり、人工湖を作ったり、或いはスキー場、スケート場を作ったりしています。もちろん、砂漠の国ですから、砂漠の世界を堪能することもできます。そして、世界最高峰のホテルがあります。それが、ブルジュ・ハリファとは、地上162階建て、そして、高さ818mもある、人類史上最も高い建造物である。中には高級ホテル、高級マンション、企業のオフィスなんかも入っています。商業施設もたくさんありますし、居住施設、娯楽施設などを含むエリアのことをダウンタウンと呼び、ドバイの開発のメイン、核となっているところから、観光すると良いです。

ホテルは高いですがそれでも

ちなみに物凄く高い宿泊料ですが、二、三日であれば、十分に頑張れば泊まることができるレベルですから、お勧めできます。色々な施設があるのですが、なんといってもお勧めできるのが、ドバイ・モールです。世界で最も大きいショッピングモールです。総面積約がなんと110万平方メートル以上もあります。屋内フロアだけでも約55万平方メートルもありますから、間違いなく世界一です。また、中ではショップだけでなく、世界最大級の水族館があります。さらにシネマコンプレックスもありますから、そこもお勧めできるところとして挙げられます。

中欧旅行はビール大国チェコがおすすめ

チェコってどんな国?

チェコはヨーロッパの中央に位置していて、西部はボヘミア地方、東部はモラヴィア地方に分かれています。元はチェコスロバキアでしたが、1993年にチェコとスロバキアに分離しました。首都はプラハ。プラハは市街中心部が世界遺産に登録され、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式などの時代の異なる歴史的建造物が点在しています。プラハ随一の観光名所はプラハ城です。城壁に囲まれた敷地の中にある聖ヴィート大聖堂と火薬塔の尖塔は、圧巻の存在感を示しています。プラハ城から眺める、ヴルタヴァ川、プラハ市街は絶景です。

あのバドワイザーの元祖はチェコ

チェコは、ビールの国民一人当たりの年間消費量が世界一というビール大国です。良質な水と麦芽、ホップが揃い、中世以来ビール造りが盛んです。代表的なのが、ピルスナービール(ラガービールの一種)で、黄金色に輝く爽やかな風味が特長です。プラハには多くのビアホールがあり、昼間から観光客、地元の人々で賑わっています。中でもおすすめのお店は、ウ・メドヴィードクーです。ここでは、あのバドワイザーの元祖のブディェヨヴィツキー・ブドヴァルを飲むことができます。アメリカの代表的なビールの元祖が、チェコにあったとは驚きです。

旅行中のスリや盗難から身を守る

盗難やスリに備えるために

高額の紙幣の入った財布を持ち歩く機会が多い旅行ですが、ポケットに財布を入れておくだけでは防犯対策として不十分です。買い物の際に出し入れをする機会が多いお財布等の貴重品は、会計の都度落としてしまい、紛失してしまうリスクが非常に高いからです。また、海外ではスリの被害も頻発しており、電車に乗った際や買い物を楽しんでいる時を中心に狙われるケースが非常に多いです。持ち歩く現金は最小限にとどめ、ホテルから出かける都度、必要な金額のみを部屋から持ち出す事でスリや盗難の被害を最小限にとどめることができます。クレジットカードを利用すればカードの盗難が発覚した際にすぐにカードをストップできるので便利です。

ホテルのフロントに貴重品を預けない

旅行中の貴重品の管理に自信が無いという方は、ホテルのフロントに貴重品を預ける場合も多いです。しかし、預けていたはずの荷物が紛失してしまったり、財布の中身が減っている等のトラブルは後をたちません。それだけでなく、クレジットカード等のスキミングと呼ばれる被害が頻発している事から、貴重品の管理は他人任せにするのではなく、部屋に備え付けの金庫にしっかりと保管しておく事が安全に旅を楽しむための手段です。相手が誰であっても自分のお財布の中身にいくら入っているかを絶対に見せない事が、無用なトラブルを避けるための大切な方法です。

計画の立案と実行で楽しめる旅行

計画の立案から始まっている旅行

旅行は、計画の立案段階から既に始まっています。ですから、しっかりと計画の立案を行うことによって、より充実した旅行を実現することができます。計画の立案としては、まずどこに訪れるのかが重要です。遠くに訪れることだけが旅行ではありません。近場でも訪れたことが無い場所だったり、じっくりと見たことがない場所に訪れることは十分に旅行だと言えます。また訪れる場所の他、観光スポットや宿泊施設、利用する交通期間など、色々な部分を細かく計画を立案することによって、実際に旅行をした時は効率的な時間の使い方が可能です。

計画を実行することで充実する旅行

計画を立案すれば、後は実行するだけです。ただし細かい部分まで計画を立案したとしても、旅行中は何が起こるのか分かりません。予期せぬハプニングは十分にあり得ることです。予期せぬハプニングについては、計画の段階で色々なことを想定しておけば、対処できる可能性は高くなります。また面白かったり、嬉しかったりなどのハプニングの場合は、旅行における大変良い思い出になります。そのようなハプニングが発生した場合は、計画通りに旅行を進められなくなったとしても、純粋にハプニングを楽しむことが、旅行の充実度を高めることになります。

恋人で旅行に行くとき気をつけたいこと

旅行費や時間はない方に合わせる

恋人同士で旅行をするなら、お互いを理解するのにもっとも便利な方法でもあります。一泊でも二泊でも状況によれば日帰りでも、いつもとは違った一面を見ることができるかもしれません。旅行において、お互いの都合がありスケジュールに余裕を持つことは、旅行を満喫する場合に外せないところでもあります。ですから旅行費や時間といったものがない方に合わせることで、無理した計画にならずに済みます。これは、友達同士以上に恋人同士だからこそ無理をしてしまうので、もし有給を取って旅先で携帯が鳴ってばかりだと面白さも半減します。

旅行先の気をつけたいいくつかのポイント

旅行を楽しむためにも仲良くしておきたいですね。普段のデートなら喧嘩した時点で帰ることもできますが、旅先となるとそうもいきません。大人の対応を心がけ、怒らせたらすぐ謝る、自分がイライラしたら変えるまで押さえることです。また歩きやすい靴と服装を心がけ、ヒールやトラブルを防ぐための格好が大事です。また生活リズムに関して、付き合っていると言っても生活リズムは違うことが当たり前だと思います。朝、夜、食事などの時間帯がかみ合わないと二人の旅もストレスになるかもしれません。旅先は普段分からないことと、新たな魅力を見つけ出す二人の旅でもあります。旅行をどれだけ楽しく過ごせるかで相性が分かるのかもしれません。